介護企業の社長の一日をブログでご紹介


by sakuracare

生活援助サービス

最近、
やたら「生活援助サービスは必要」というコラムを目にします。
ということは、
生活援助サービスを介護保険対応か否か本格的議論に入っているという
ことです。

消費税増税が確定し、税と社会保障の一体改革の流れで、
3年後の介護報酬改定を待たず、
来年度の介護保険制度見直し法案にて
抜本的な改定があることを否定できません。

私の意見として
高齢者が在宅生活を継続していくためには
なくてはならないサービスだと思っております。

配食サービスを好まない人もいます。
ボランティアでは責任を果たせません。

しかしながら、生活援助サービス利用者を
制限(例えば、退院後1か月まで)されたり、
生活援助利用者負担が2割になったりする可能性は
あるかもしれません。
[PR]
by sakuracare | 2012-08-15 09:36 | 介護事業 | Comments(0)