介護企業の社長の一日をブログでご紹介


by sakuracare

介護報酬改定率

介護報酬改定引き上げ率が1.2%ということは、
0.8%の引き下げを意味することになります。

何故かというと、処遇改善給付金(2%相当)を廃止し、
介護報酬に充当するという考えだったからです。

しかし、政治家(民主党)も処遇改善維持を引き換えに報酬引き上げを行ったわけですら、
介護従事者の報酬を引き下げるわけにもいきません。

厚生労働省は、処遇改善加算などで従業員報酬は担保させる戦法にでることが
予想されます。

すなわち、介護報酬全体の引き上げ率は1.2%ですが、
業種ごとと引き上げ率は、処遇改善給付金の支給比率の影響を受けることは
容易に推測できます。

また、処遇改善給付金相当を満額補てんできないので、
特定加算などで報酬の差別化(二極化)が一層進行することは
間違いないでしょう。

特定加算取得は、利用者負担がふえるので申請しないなんて
言ってる場合じゃないですね。
[PR]
by sakuracare | 2011-12-27 12:22 | 介護事業 | Comments(0)