介護企業の社長の一日をブログでご紹介


by sakuracare

社会保障審議会交流

毎週のようにある社会保障審議会、
毎回決まって会う人もたくさんいます。

先週は、
エス・アンド・エス クリエイティブの佐藤さんとは、
フェイスブックにてお互い料理が趣味とわかっているので、
会場にてスパイスの交換をしております。
今回は「グローブ」を渡しました。

地域ケア政策ネットワーク研究主幹池田省三教授には
休憩時間介護現場の実情を聞いていただきました。
(24日のブログ)

日本介護福祉士会田中雅子名誉会長には
介護給付費分科会(半蔵門)から
介護保険部会(霞が関)までタクシーに乗せていただいたり、

厚生労働省老健局振興課の川又課長には、いつもお声掛けいただきます。

介護保険指導室千田室長とも「書類の保管義務」について、
話をさせていただきました。
千田さんのところには改めて訪問し、
記録書の保管義務を「サービス終了後2年間保存」を
「サービス発生後2年間保存」に変更していただくよう
改めて進言する予定です。
また、都道府県によっては訪問介護事業所の指定申請を受理しない
ケース(保険者からの拒否のため)があるので、役所対応の
ローカルルールの行き過ぎに関しても言及する意向です。
法律を率先して遵守すべき公務員が違法とも思える行為を
平気で行っている現状をクローズアップしたいと思います。
Commented by フーガ at 2011-11-28 15:50 x
いつも情報ありがとうございます。
うちの契約書は2年でしたが、数年前に指摘され5年に変更させられました。逆らって目をつけられるは嫌なので言われるとおりにしましたが・・・おかしいですね。
これもすでにローカルルールを行き過ぎているように感じます。
by sakuracare | 2011-11-27 12:39 | 介護事業 | Comments(1)