介護企業の社長の一日をブログでご紹介


by sakuracare

<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

弊社スタッフが新卒に向けた文章です。

嬉しくて涙がでます・・・




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




大卒 入社5年目

介護福祉士




こんにちは、入社5年目のHです。




現在、就職活動を頑張っている

あなたへのメッセージは

私が5年前に就職活動をしたときのお話から

スタートしたいと思います。




私が大学で専攻していたのは

介護とは縁もゆかりもない文学部で

英文学を学んでいたのですが、




それは仕事とは違ったところで

活かせればいい、と割り切っていました。

在籍した大学の理念に感化されたことや、

親がボランティア活動をしていたのを

見ていたこともあり、




人と触れ合って、人の役に立つことを仕事にしたい、

と考えて、介護業界も含む対人関係の仕事に就くことを

志望していました。




就職活動をいざ始めてみて感じたのは

大手企業も含めて面接を受けましたが、

大手企業の一部として働くことが

私の職業観とどうも結びつかなかった事です。




会社全体との距離が遠い




そう感じたのです。




なので、大企業への就職は選択肢から

外しました。




今となっては、

この時の決断がなかったら

私にとって

貴重な経験をさせていただけることが

出来なかったわけですが、

それは後でお話しします。




そんな風に自分の感覚と

合いそうな会社を探す中で、

見つけたのが現在働いている

株式会社さくらケアでした。




入社の決め手になったのは、

たまたま見たホームページです。




社長が色々な活動をされていて、

いろいろ勉強が出来そうだし、

前向きな会社に感じられました。




いざ面接を受けてみても、

沢山のことを学びながら

人の役に立てる会社だと感じられたし、

最終面接でお会いした社長の印象が強く、

こういう方の傍で働くにはやっぱり

このくらいの規模の会社じゃないと

ダメだって思いました。

採用通知をいただいたときは

即決で決めさせていただきました。




こうして私はさくらケアで

社会人のスタートを切ることとなります。

はじめの2年間は

ヘルパーとしての仕事をさせていただきました。




私が求めた

「人と触れ合い、人の役に立つ仕事」

が実感できる充実した毎日でした。




そんな中、

3年目に入った頃でしたが




会社から「総合職」として働いて欲しい、

という依頼を受けました。

もともと知識欲が旺盛で

そもそもいろいろ学びたいと考えて

この会社を決めた私にとっては、

願ったり叶ったりのチャンスがきたのです。




もちろん会社からの依頼を受けることにしました。

ここから2年間は

ヘルパーの仕事を行いながら、

家政婦紹介の業務、介護保険請求事務、

コンサルティング業務のサポートなどを

させていただきました。



仕事で関わらせていただく

それぞれの分野のプロフェッショナルの方に

色々と教えていただくことも出来ました。




お出かけ好きな私のちょっとした

特技(といっては大袈裟ですが)が

意外なところで役立つ場面もありました。

頻繁に旅行などで、自分でスケジューリングし

座席の手配などをしていたことがとても役に立ち、

コンサルティングのクライアント様や

コンサルタントのスケジュール調整、

飛行機等の座席の手配などにおいて、

負担なくスムーズに行う事が出来ました。




また

パソコンでアイデアを出してチラシ等を作るのも

私の得意なことだったので役に立ちました。




学生時代勉強した英語や柔道2段は残念ながら

今のところ、活かす場面と出会っていませんが・・・




しかし、4年目に入った頃、

総合職としての仕事の比重が大きくなっていく中で、

私の中である種の違和感を感じるようになっていました。




そして自己分析してみた結果




外にいる時の自分

(利用者と接する、利用者宅にいるなど、直接人とかかわっている時間)と

中にいる時の自分

(事務作業をしている、PCや書類と向き合う時間)




を比べてみると、

「外にいる時の自分」は活き活きして

自分の得意が活かせているけれど、

忙しくなるにつれその時間は減っていき、




逆に「中にいる自分」の時間が

ますます増えてきたことに対する

バランスの不一致感を感じていたのだと分かりました。




もっと人とふれ合いたい・・・




もちろん会社組織で働く以上、

自分の好きなことだけさせてもらうことなど

許されませんし、




会社内での総合的なバランスを考えて

人材配置がされなければならないことも

わかっています。

でも、

私の力がもっとも発揮できるところは

やはり「人とのふれあい」の中にあり、

この会社を選んだ頃の原点に立ち返りたい

という気持ちが強くなってきたのです。




社長や上司に懇願したところ、

私は今年から訪問介護サービス専従の

「サービス提供責任者」として

働かせていただくことになりました。




後任の総合職の採用も決まり、

現在は引き継ぎをさせていただきながら

サービス提供責任者の仕事を猛勉強中です。




大学新卒としては

5年目にサービス提供責任者になるのは

社内で最速だと社長に言っていただくことがありますが、

私にとっては、まだ

「人とふれ合い、人の役に立つ」仕事の

スタートラインに立ったに過ぎません。




総合職を経験させていただいたことは結果として、

介護保険請求を経験したので、その流れが理解できている

ことや、家政婦サービスで利用者との契約を経験済であることなど、

これからサービス提供責任者として

役立てそうなスキルを身に付けることが出来ました。




もし、

私が就職活動をしていた5年前

大手企業などに就職していたら、

短期間にこれだけの経験をさせていただくことは

なかったと思います。

本当にありがたい事です。




また、

私のワガママだったかもしれませんが、

その経験をもとに、サービス提供責任者として

働くことを許してくださった上司の皆様の理解にも

本当に感謝しております。




当社が、

利用者はもちろん、職員を大切にする会社と

謳っていることは、看板に偽りなしだと

私は経験から実感しています。




やる気になれば、

いろいろな経験が出来るところも

この規模の会社の大きな魅力だと思います。

求めればあなたの可能性を最大限に発揮できる

環境がありますので、私がそうだったように

知識欲の旺盛な方や挑戦意欲旺盛な方にとっては

これ以上の環境はないと思います。

あなたがこれから社会人になって

沢山の経験をして多くの勉強をして、

いろいろなスキルを身に付けて活躍されることを

応援しています。




もしよかったら、

当社でそんな経験をあなたと一緒に出来たら

こんな嬉しいことはありません。




お会いできる日を楽しみにしています。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by sakuracare | 2016-06-17 08:17 | 介護事業 | Comments(0)
●「訪問介護事業セミナー2016夏」
 まもなく締め切り。

【内容】
・コンプライアンスリスク→実地指導に応じる義務ある?
 実地指導拒否訴訟に対する驚きの判決!
 行政訴訟に強い弁護士公開・・・

・制度リスク→生活援助サービス介護保険外移行に対する考え方

・介護事故リスク→大きな家族トラブルにつながった事例紹介!
 家族トラブル防止への備えについて解説・・・
 訴訟に発展するケースが年々増加!

申し込み→
http://www.sakuracare.co.jp/mell0603.pdf
[PR]
by sakuracare | 2016-06-03 11:38 | 介護事業 | Comments(0)