介護企業の社長の一日をブログでご紹介


by sakuracare

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

堀田東京大学教授

今日は、
東京大学の堀田聡子教授に
オランダの地域包括ケアについて
ご教授いただきました。

東京大学の教授室でお会いした以来
で、久々にお会いできました。

前回お会いしたのは堀田教授がオランダに
1年間行く前だったので
2~3年前だったと思います。

オランダでは家事援助がAWBZ(日本の介護保険のようなもの)
からはずされたけど、大きな混乱はなかったとのこと。

日本はどうなる・・・?
d0062783_23564849.jpg

[PR]
by sakuracare | 2012-08-31 23:57 | 介護事業 | Comments(0)
平成24年度「東京都介護雇用プログラム事業」の受託事業者の追加公募が
始まりました。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kourei/hoken/kaigokoyouprg/jutakujigyousyanokoubo/index.html

訪問介護事業は対象から外されてます。
対象になっている都道府県もあるというのに・・・

入社後すぐにヘルパー養成研修平日集中コースにて受講したもらい
資格取得後サービス提供すれば問題なく使えるはずです。
             ↓
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kourei/hoken/kaigokoyouprg/jutakujigyousyanokoubo/files/beppyou1_2401.pdf

前もって交渉しなかったことを悔やみます。
[PR]
by sakuracare | 2012-08-30 12:05 | Comments(0)

本日、事業所長育成研修説明会終了しました。
遠距離からご参加いただき誠にありがとうございます。

説明会不参加でも
今月末8月31日まで申込受付しておりますので

是非、ご参加ください。
助成金を活用し実質無料で人材育成するチャンスです!

               詳細
                ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全国訪問介護協議会で、事業所長育成研修を開催することになりま​した。
研修は全3回(1回3時間30分)のカリキュラムとなっておりま​す。
【講師;荒井】
対象者(助成金活用可能者)は、入社5年以内の正社員
もしくは介護への社内配置転換5年以内の正社員です。
事業所長でなくとも候補者、新卒者などスキルアップをさせたい
スタッフならだれでもOKです。
平成24年10月6日;介護事業仕事の流れ・営業方法
平成24年12月8日;介護事業事業計画の作成方法・利益マネジ​メント
平成25年2月9日;介護事業スタッフマネジメント・リスクマネ​ジメント
時間;13時~16時30分 場所;さくらケア(東京都世田谷区​駒沢)

受講料金20万円は、
成長分野人材教育支援事業奨励金を活用し
実質無料となります。
(助成金を活用するにあたり条件あり)
(助成金手続きを社労士に依頼する場合は手数料有)
             ↓
 http://www.sakuracare.co.jp/​images/semina0713.pdf

※説明会はすでに終了しておりますが、申込受付中です。

申込→arai@sakuracare.co.jp
「事業所長研修参加希望」と掲載し電話番号、会社名、氏名を記
入しください。当方より連絡いたします。
 問い合わせなどございましたら
 メールにて上記アドレスに送信してください。
[PR]
by sakuracare | 2012-08-25 17:35 | 介護事業 | Comments(0)

新中国大使

西宮さん、新中国大使内定おめでとうございます!

知らない仲ではないので期待が膨らみます。

領事時代ニューヨークでは、お世話になりました~
アメリカへのビジネス進出、心の支えになりました!
(写真はNY領事館にて)
d0062783_953172.jpg

[PR]
by sakuracare | 2012-08-22 09:53 | その他 | Comments(0)

生活援助サービス

最近、
やたら「生活援助サービスは必要」というコラムを目にします。
ということは、
生活援助サービスを介護保険対応か否か本格的議論に入っているという
ことです。

消費税増税が確定し、税と社会保障の一体改革の流れで、
3年後の介護報酬改定を待たず、
来年度の介護保険制度見直し法案にて
抜本的な改定があることを否定できません。

私の意見として
高齢者が在宅生活を継続していくためには
なくてはならないサービスだと思っております。

配食サービスを好まない人もいます。
ボランティアでは責任を果たせません。

しかしながら、生活援助サービス利用者を
制限(例えば、退院後1か月まで)されたり、
生活援助利用者負担が2割になったりする可能性は
あるかもしれません。
[PR]
by sakuracare | 2012-08-15 09:36 | 介護事業 | Comments(0)