介護企業の社長の一日をブログでご紹介


by sakuracare

<   2012年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

お待たせいたしました。
小生執筆本
「訪問介護事業居宅介護支援事業成功の法則」第2版
本日発売!

今後40年間継続する介護事業、
2012年改定の内容と影響を徹底解説しましたので
是非、一読ください。

第1版は、おかげさまで増版を重ねることができ、
アマゾン中古販売では1冊18,180円(最高)の値がつきました。
ありがとうございます。

d0062783_943680.jpg


楽天

http://books.rakuten.co.jp/rb/%E8%A8%AA%E5%95%8F%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E5%B1%85%E5%AE%85%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E6%94%AF%E6%8F%B4%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87%E7%AC%AC2%E7%89%88-%E5%8B%9D%E3%81%A1%E6%AE%8B%E3%82%8B%E6%96%B9%E7%A8%8B%E5%BC%8F%EF%BC%8F%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E6%90%8D%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E8%B5%B7%E6%A5%AD%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%84-%E8%8D%92%E4%BA%95%E4%BF%A1%E9%9B%84-9784419058692/item/11798135/
[PR]
by sakuracare | 2012-07-31 08:46 | 介護事業 | Comments(0)
昨日、
岐阜県訪問介護協議会主催
訪問介護事業セミナー
の講演を行いました。
d0062783_17133070.jpg


会場がとてもゴージャスで
休憩時間に会場の一部(スクリーン後ろ)がオープンし
岐阜城(金華城)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%90%E9%98%9C%E5%9F%8E
を見上げることができ、長良川を見下せ
素晴らしい光景が見の前に出現しました。

d0062783_1713491.jpg


織田信長は、あの山を登ったと思うと感慨深い~
人生楽しかったでしょうね!

話は変わりますが、
来年の3月まで、どんどん
講演依頼が入ってきております。
講演依頼が確定している方はお早目にご指示ください。
[PR]
by sakuracare | 2012-07-25 17:19 | 介護事業 | Comments(0)

一宮

最近は、
一宮(千葉県)の地形が良いみたいです~

湘南の方が近いのですが、
千葉に1回行くと湘南数回分の波に乗れるので
運転は大変ですが九十九里に行ってしまします。

d0062783_1014382.jpg


今日は、これから講演です。
[PR]
by sakuracare | 2012-07-22 10:14 | サーフィン | Comments(0)
全国訪問介護協議会会員より下記の連絡あり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今般、報酬・基準見直しの
2級訪問介護員のサービス提供責任者配置減算の
取扱いについて

経過措置対象者が今年度中に退職した場合、
「4月に遡って減算算定とする」
との指導されたので、対応方法を支援して欲しい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とのことでした。

確かにQ&Aなどでそのような見解を示している
都道府県(政令指定都市)が散見されます。

当然、そのような場合であっても経過措置が適応されます。
厚生労働省から当該担当者(市役所職員)に説明してもらい、
当指導を撤回してもらいました。
今回は、私に連絡いただいたので
事なきを得ましたが、怖い話です・・・

例えば、
年度末の3月31日に対象者が退職したら
4月からの1年分減算対象にすると言うのでしょうか?
[PR]
by sakuracare | 2012-07-19 12:08 | 介護事業 | Comments(0)

保険診療7月号掲載

医学通信社発行
月刊「保険診療」7月号
2012年診療報酬改定NAVI
「訪問介護事業における戦略と対策」
に掲載されました。(22ページ~)

医師が読む本なのかなあ~?

d0062783_9632100.jpg

[PR]
by sakuracare | 2012-07-13 09:07 | 介護事業 | Comments(0)
会員よりミドルマネジメント層の育成をして欲しいとの要望がありました。

全国訪問介護協議会で、事業所長育成研修を開催することになりました。
研修は全3回(1回3時間30分)のカリキュラムとなっております。
【講師;荒井】

対象者(助成金活用可能者)は、入社5年以内の正社員
もしくは介護への社内配置転換5年以内の正社員です。

受講料金20万円は、
成長分野人材教育支援事業奨励金を活用し
実質無料となります。
(助成金を活用するにあたり条件あり)
(助成金手続きを社労士に依頼する場合は手数料有)
             ↓
 http://www.sakuracare.co.jp/images/semina0713.pdf

当該企画説明、及び社労士からの助成金手続き説明会
を8月25日に開催します。(無料)
申込をお考えの方は、是非参加してください。

申込はFAXにてお願いします。
http://www.sakuracare.co.jp/images/semina0713.pdf

問い合わせなどございましたら
メールにて下記アドレスに送信してください。
arai@sakuracare.co.jp

今後ともよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by sakuracare | 2012-07-12 16:29 | 介護事業 | Comments(0)
先月開催「全国訪問介護協議会主催」訪問介護事業セミナーの
DVDが、本日よりホームページにて発売開始です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・報酬改定の影響を検証
・サ高住+定期巡回・随時対応訪問介護看護モデルの検証
・34事業所しか開設(4月)がなかったことにより変わった、
 定期巡回・随時対応訪問介護看護参入のタイミング
・将来の介護職員不足に備えたスエーデン・フィンランド視察報告
・生活援助、時間効率化に対案方法と、適正時間(経営的観点)
・事業継続可能な1分あたりの単位数
・北欧制度を参考とした今後の介護資格制度の展望
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

などが、主な内容です。

興味のある方は、是非お申込みください。
           ↓
http://www.sakuracare.co.jp/dvd_intr.html#tblIntr10

d0062783_14401194.jpg

[PR]
by sakuracare | 2012-07-11 14:41 | 介護事業 | Comments(0)
初鹿衆議院義委員から連絡がありました。

予防訪問介護に関する時間変更の件です。

2月23日全国課長会議にて
「ケアマネジメントの内容を改めて見直す一つの契機として捉え、
利用者にとってより適切なケアプランの作成をお願いしたいと考えている。」

というので介護給付同様、予防訪問介護に関しても包括支援センターと調整し、
時間見直し(一部)を行った事業者が散見されました。

しかし、3月16日下記のようなQ&Aがでました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
介護予防訪問介護のサービス提供時間は、予め介護予防支援事業者によ
る適切なアセスメントにより作成された介護予防サービス計画に設定され
た生活機能向上に係る目標を踏まえ、必要な程度の量を介護予防訪問介護
計画に位置づけられるものであり、今回の改定において変更はない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予防訪問介護に関しては「今回の改定において変更はない。」と
表現されているので、再アセスメントにより
例えば1週間に1時間30分の予防訪問介護を1時間に変更した
利用者には元の1時間30分に戻す必要があるのかどうか、
厚生労働委員会委員の初鹿衆議院義委員に
厚生労働省と調整していただきました。

結論からすると、
アセスメントの結果の時間変更であれば
元に戻す必要はないとの見解です。
(1時間で良い)

当該Q&Aは、予防訪問介護の制度変更はないという意味?(苦しい)
だそうです。

今般の介護報酬改定と、たまたま同時期に行った再アセスメントによる
予防訪問介護のサービス時間の変更は問題ないということです。

当情報により、現場の混乱が少しでも収束すれば幸いです。
[PR]
by sakuracare | 2012-07-06 18:34 | 介護事業 | Comments(0)
厚生労働委員会委員の初鹿衆議院議員より電話あり、
予防訪問介護​の時間変更不可に関する調整依頼の件・・・
[PR]
by sakuracare | 2012-07-06 17:01 | 介護事業 | Comments(0)

徳川家末裔

今週、
最後の将軍徳川慶喜の弟、
水戸藩主昭武の曾孫である
徳川文武さんと話す機会がありました。

早稲田大学卒業後、スタンフォード大学修士取得後
アメリカに30年住んでいたとのこと。

とても気さくな方で
とても楽しい話ができました。

時代が違ったら
話すこともできなかったでしょうね・・・

d0062783_12141833.jpg

[PR]
by sakuracare | 2012-07-06 12:15 | その他 | Comments(0)