介護企業の社長の一日をブログでご紹介


by sakuracare

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

山本益弘さんとのランチ

一昨日は、東京都主催のコンプライアンスに関する研修に行ってきました。
3部に分かれた講演でしたが、講師3人ともテキストを読み上げるだけでした。
読み合わせをするだけだったら、わざわざ呼び付けないで、テキストを
メール配信するだけで事足りるのではないでしょうか?

その日の夜は、日本介護ベンチャー協会の設立パーティーに参加し
若い力を感じました。
代表の斉藤さんはとてもエネルギッシュな方で、介護の素晴らしさを
若者にアピールすることは、素晴らしいことだと賛同いたします。
しかし、介護業界における「3K終焉宣言」をしてましたが、言えば
終わるようなことではありません。
大事なことは「きれいな仕事」ではないけど日本をここまでにしてくれた
高齢者に恩返しする精神を醸成することだと考えております。

昨日は、
料理評論家で有名な山本益弘さん(写真)
d0062783_13215923.jpg
の昼食会に参加しました。
以前、テレビで洞爺湖のホテルレストランの野菜のおいしさについて
語ってたので、
東京で野菜がおいしく食べれるレス手アランはありますか?
と聞いたら、麻布のレストランを紹介してもらいました。
誰か一緒に行きませんか?

今日はこれから講演です。
やれやれ・・・
[PR]
by sakuracare | 2011-02-27 13:23 | 介護事業 | Comments(0)

岐阜県訪問介護協議会

昨日、岐阜県訪問介護協議会より依頼を受け、
2012年介護報酬改定対策をテーマとした講演をしました。

岐阜県訪問介護事業経営者に50人ほどご参加いただきまして
誠にありがとうございます。
また、林理事長はじめスタッフの皆様お世話になりました。

やはり、情報を正確に入手している方が少なく、
訪問介護事業を直撃する大改訂という認識が低いのが現状でした。

会場より
「なんとなく聞いていたが、実状がわかりショックを受けました」
との声もありました。

訪問介護業界を守るために、全国どこへでも行きますので、
各自治体協議会の皆様、是非当協議会に講演をご用命ください。

また、24時間巡回訪問介護に関し、都会でビジネス的に成立する
可能性はありますが、地方は高専賃モデルになっていくことが予想されます。
そういう意味で、全国訪問介護協議会主催3月セミナー
「㈱やさしい手」の「高専賃を軸にした24時間地域巡回訪問サービス徹底研究」
に対する講演内容の期待がかなり高まっていると岐阜でも耳にしました。
まだ、空きが多少ありますので興味のある方は、申し込みをお願いします。
当日は、訪問介護事業所の事業拡大・収益安定化に向けて
「サービス付き高齢者住宅運営」への参入のポイントもご紹介します。

PS 岐阜駅前に織田信長の銅(金)像があったので驚きました。(写真)

d0062783_1513457.jpg

[PR]
by sakuracare | 2011-02-23 15:03 | 介護事業 | Comments(0)
昨日は、額賀元財務大臣(元防衛庁長官)の会合に出席しました。

額賀さんの隣に女性がいたので
「あのご婦人は誰だろう?」とつぶやいたら
「額賀さんの奥さんだよ~」と二人からの突っ込み(ハモってた)
がありました。
振り向いてみると、なんとビックリ!
森元総理大臣と堺屋元経済企画庁長官でした。

因みに、小渕元総理大臣の娘は長身でした(写真)。

夜は雪の降る中、午前1時まで青山社中の朝比奈さんとカラオケ、
今日の昼は衆議院厚生労働委員の長尾衆議院議員と隣の席でランチ、
夜は岐阜講演のテキストづくり・・・

目が回りそうです。
d0062783_22174731.jpg

[PR]
by sakuracare | 2011-02-15 22:18 | 介護事業 | Comments(0)
昨日、荻外荘(12月4日・12月18日ブログ)にて、
霞が関改革の一人者である青山社中の朝比奈さん(1月26日ブログ)と
オレンジ輸入自由化の立役者である林さんと食事をしました。

林俊明さん
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E4%BF%8A%E6%98%8E
は、ハリウッドで初めて映画製作をした日本人でもあり、
笹川良一さんの側近でもあり(過去)、大相撲のアメリカ巡業を実現するなど
数々の功績を持った方です。

成功する人としない人の違いについてなど、
楽しい話で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

朝比奈さんは経済産業省時代国際貿易も所管しており、
林さんが現在手掛けている貿易話と共通点があり
人生の出会いの「おもしろさ」を痛感しました。

「日本を変えていこう」という思いは3人とも共通しており、
有意義な時間でした。
[PR]
by sakuracare | 2011-02-09 11:38 | 食事 | Comments(0)
24時間訪問介護は「生活援助も一体」になるとのこと。

ちょちょっと待ってください、
短時間巡回が売りだったのではないのですか?

短時間の生活援助って何があるのですか?

10分で調理したり掃除したりするのでしょうか?

こうなると、囲い込みのためにやるのか、高齢者のための制度なのか
わからなくなってしまいますね。

本日の日本経済新聞記事
「医療介護生産性低迷」
理由として
「参入障壁があり事業者間の競争が乏しく、
生産性を高めようという動機づけが働きにくい」
某大学教授が
「社会福祉での経済成長は戦略として誤り」
とのコメントを出してます。
時代に逆行してく厚生労働省はどこに向かおうと
しているのか・・・

話は変わりますが、
薬局で利用者負担金の一部を還元する事業者があり
厚生労働省が違法ではないとの判断をしました。

介護保険の利用者負担金一部還元はどうか?
と厚生労働省担当官に問い合わせたのころ
ダメですと一蹴されました。
d0062783_16591355.jpg

[PR]
by sakuracare | 2011-02-07 17:02 | 介護事業 | Comments(0)
昨日、東京都福祉保健局高齢社会対策部長と
1時間ほど面談しました。

24時間巡回訪問介護の話が中心です、
当事業は事業(ビジネス)性がないということで、
意見が一致し大いに盛り上がりました。


(ここからは私の考え)
夜間対応型訪問介護の実績をみれば
24時間巡回訪問介護の利用者数が爆発的に
増加することは考えづいことは
誰だって予測がつくはずです。

包括払い(定額制)になることはまちがいない
と思いますが、
「出来高制にすると一人一月80万円かかるから」
という理由で20万円前後の定額制にするとなると、
介護従事者の労働環境がさらに悪化し、
労働者の介護離れが加速するではないですか!

一昨日、「こぶし園」の小山さんに
質問しました。

Q1)夜間訪問介護の需要が多くないのに
 24時間巡回介護の顧客は見込めますか?

A)特養42万人待ちの状況をみれば明らかに見込める。

Q2)定額払い制(安価)になった場合、介護従事者の労働環境に関してどう思いますか?

A)出来高払いに関しては、今までが高すぎたんですよ。

とのこと。

Q1に関しては、杉並区で特養待ちの要介護者を優先的に「24時間安心ヘルプ」
(区の独自事業)勧誘しても、なかなか集まらなかった現状をみれば、
説得力ないと考えます。

Q2に関しては、介護労働者不足、セキュリティー、事故リスクなどを
考えれば東京都庁モデル事業で行っている「シルバー交番設置事業」の
方が、インフラの有効利用ができると思います。

その他、
モーニングケアが短時間で、できるか?
それを必要としている時間が集中しないか?
エリアで1事業所だとしたら、1か所の高専賃から
他の高専賃にサービスにいくのか?
その場合、「高齢者住まい法」と矛盾しないのか?
など、さまざまな問題があります。

巡回サービスといえども定期訪問も含まれることになれば
指定事業者の囲い込みが加速するに決まってます。
1生活圏域1事業所の公募制になるのなら、ビジネス的に
2025年の需要を考慮し、赤字覚悟で参入せざるを得ない
かもしれません。

現在開催中の通常国会での介護保険法改定の
流れは止められそうもないけど、
全国訪問介護協議会として、具体的な制度設計する
「給付費分科会」に各種提言をしていきたい
と考えております。
大学教授の理想論はわかるのですが、
地に足のついた、現実的意見を募集しております。
皆様ご協力ください。

社会保障審議会介護保険給付費分科会座長の
大森東京大学名誉教授には
「24時間巡回訪問介護の報酬を適格に判断ください。」
と直接言及しております。

これから半年が勝負だと思います。
知恵をおかし下さい。
[PR]
by sakuracare | 2011-02-01 17:17 | 介護事業 | Comments(0)