介護企業の社長の一日をブログでご紹介


by sakuracare

<   2010年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日曜日の夕食

先ほどまで、淑徳大学結城教授、厚生労働省老健局介護保険計画課小野課長補佐、
中塚世田谷区議会議員と夕食をともにしておりました。

話題は、当然介護報酬改訂についてですが、世田谷区事業団のあり方についての議論も
意外に盛り上がりました。
世田谷区改革については結城教授も、一緒に動いていただけそうです。
[PR]
by sakuracare | 2010-08-29 21:16 | 介護事業 | Comments(0)

滝さん

今朝はホテルオークラで滝さんと秘書の小室さんと朝食をとりました。

滝さん(ニューヨーク・ハワイ在住)は、昨年ニューヨークに行った時に
大変お世話になりました。
マンハッタンの事務所は私の理想のロケーションです。

ダナキャランニューヨークというブランドの創始者でもあり、日本にも
タキヒョウという東証1部上場会社を経営している資産家です。

「ゴルフ場を改装して高専賃をつくったらどうだ?」
「9ホールつぶして、賃貸マンションを建てるんだよ」
「シニアがゴルフもできるし、プールで泳げるし、レストランもあるじゃないか!」
とのこと・・・

病院やスーパーが遠いと暮らしづらいので慎重に考える必要がある旨を伝え
ました。

あいかわらず、スケールが大きい・・・

PS 名物のフレンチトーストがおいしかった。
d0062783_11585147.jpg

[PR]
by sakuracare | 2010-08-26 11:59 | 食事 | Comments(0)
昨日、第29回社会保障審議会介護保険部会の傍聴に行きました。

部会終了後、老健局振興課川又課長に訪問介護利用者数が頭打ちに
なっている原因に関する答弁が聞き取れなかったので、もう一度聞いて良いですか?
と問いかけたら・・・

「人手不足だから」

「サービスがいきわたっているから」

とのコメント・・・

先週、「現在の制度では使いづらい」と、さんざん言ったのに!
[PR]
by sakuracare | 2010-08-24 16:12 | 介護事業 | Comments(0)
昨日は、世田谷区地域福祉部の堀川部長と意見交換をしました。
石橋課長にも同席いただき大変感謝しております。

堀川部長は区民の立場に立ち「どのような制度が必要か」を真剣に
考えておりグローバルな視点からの発言が多く、器の大きい方だという
印象を持ちました。

一昨日の小早川さんもそうですが、「顧客満足に対し正しいと思ったことを
本気でやれば制度が追いついてくる」という考えに敬意を表します。

堀川部長の意見として地域包括介護の一環として訪問介護事業も365日
24時間運営している事業所を増やし、重度の要介護者も在宅で安心して
暮らせるような施策を推進したいとのことです。

私からは地域包括支援センターのプロポーザル(世田谷区は今年)資格に
営利法人も加えて欲しい旨提言しました。現在は「社会福祉法人等のみ」で当社
が参加することができません。
他区では営利法人も資格要件に入っているし、営利法人は法人税を払っているので
結果的に介護保険料を安くしているのですから・・・

また、特定加算事業所だからと言って一律にサービス依頼をしないケアマネージャー
に対し、「利用者自信の選択」を促すよう指導していただけるようお願いをしました。
[PR]
by sakuracare | 2010-08-20 10:12 | 介護事業 | Comments(0)
昨夜は、高齢者専用賃貸住宅協会副会長でもあり、学研ココファン社長でもある
小早川さんと地域包括介護に関する意見交換をしました。

地域包括介護がほうんとうに実現したら高専賃を拠点とした地域密着の
複合介護事業所がビジネス的に優位になるという意見を提言しました。

いづれにしても、どうなるかは現段階では未知数です。

高専賃の行方に関しては厚生労働省と国交省との綱引きのゆくえを見守るしかないですね・・・

その後は、松田弁護士、木村さん、佐藤さんとお酒を飲みながら地域包括介護に関する
議論をするはずが・・・・・



d0062783_114064.jpg

[PR]
by sakuracare | 2010-08-19 11:06 | 介護事業 | Comments(0)
昨日、厚生労働省老健局振興課の川又課長(内閣官房より8月1日着任)
に挨拶も兼ね「全国訪問介護協議会意見」を提言しました。

・特定加算の加算分公費負担
・書類保管義務期間の改正
・生活援助の時間制約撤廃
・生活援助の必要性(生活援助廃止反対)
などの提言をさせていただきました。

また、地域包括介護のリスクに関しての意見交換をしましたが、
厚生労働省の考え方としては「介護度4・5の要介護者が在宅
で過ごせるための施策を慎重に考えているだけだ」とのコメント。

今後も継続的に意見交換することを確認し1時間ほどの議論を
終えました。

川又課長は一言一言の意見に耳を傾けてくれました。
今後も意見交換を継続し信頼関係を築いていければと考えております。

同席いただきました、全国訪問介護協議会会員の若武者ケア佐藤さん
和歌山県訪問介護協議会会長の島さんに感謝いたします。
(夜のお酒もおいしかった・・・) 
[PR]
by sakuracare | 2010-08-17 09:53 | 介護事業 | Comments(2)

世田谷区議会議員

一昨日、世田谷区議会議員の中塚さんと意見交換しました。

官僚や国会議員ばかりと会ってますが、地元にも意見を提言
する必要がありますよね。

特に、包括支援センターの「抱え込み問題」などは区議会議員
(自治体議員)が一番影響力があります。

中塚議員は民主党世田谷区議会では介護のエキスパートです。
中塚さんと話していると以心伝心で提案趣旨が明確に伝わるので
大変ありがたく思っております。
今後とも良い関係を継続したいと考えております。

世田谷区は、抱え込みがなくクリーンですよ・・・
皆様、政治活動も積極的に!
[PR]
by sakuracare | 2010-08-12 16:48 | 介護事業 | Comments(0)

棚整理

介護サービスにおける記録書を、サービス終了後2年間保管という法規制があります。

そうは言うものの、例えば5年間サービスした利用者の場合7年間の保管は、
あまりにもスペースをとります。

東京都庁に居宅介護支援事業所の保管義務書類を確認したところ、
居宅介護サービス計画書の1,2,3,6,7との回答、
「それでは提供票、提供票実績返しは抹消してよいですね?」と質問したら
「提供票も保管してください」とのこと???

10年前の利用票、提供票などを確認するケースがあるのでしょうか?
(居宅介護サービス計画書1,2,3、の保管はわかるような気がするのですが・・・)

いずれにしても、当社は書類があふれかえっております。
スタッフより私に対し棚の整理命令がでました。
昨日は保管書類のために、私に与えれたスペースを整理した次第です。

昔の書類を見ていたら数年前に起業コンサルをした事業所資料がたくさんでてきました。
懐かしいので、電話をしてみると、それぞれ順調な経営をしておりビジネスとは別の喜びを
感じることができました。

私のやっていることは、「間違いではない」と再確認しました。
なぜなら「人を幸せにすること」
がミッションにふくまれているからです。
[PR]
by sakuracare | 2010-08-10 09:34 | 介護事業 | Comments(0)

事業所長業務

皆様のご要望にお応えして

訪問介護事業における「事業所長の具体的業務」、「リスクマネジメント」
に関するセミナーを開催します。

私の講演のなかでは初のメニューとなっておりますので是非ご参加を・・・

昨日(8月5日)ワムネット新着情報(会員専用)を参照してください。
                  ↓
http://www.wam.go.jp/wamappl/bb01event.nsf/vSearch/3FEBCB26554A1F5549257775001B75FF?OpenDocument

<セミナーの内容>
訪問介護事業所管理者業務およびリスクマネジメント研修
Ⅰ.訪問介護事業における管理者の役割とは
 ◆ 事業所管理者遂行上の必須事項                                                    
 ◆ 事業所管理者の役割               
  ・人材管理 ・経営管理 ・事業所管理 ・営業、プロモーション
  ・売掛金回収 ・情報伝達、共有
 ◆ 事業所管理者に求められる力
 ◆ 事業所管理のポイント
Ⅱ. 訪問介護事業におけるリスクマネジメントとは
 ◆リスクマネジメントとは
 ◆ 介護サービスにおけるリスクマネジメント
 ◆ 事故防止への取り組み
 ◆ 事故発生後の取り組み
 ◆ 介護サービスにおける事故と賠償
 ◆ 苦情対応について
 ◆ 賠償保険請求について

<プレゼント>
ご出席者全員に「社員採用面接のポイント」シートを贈呈

日 時   9月16日(木) 13:30~16:00 (受付13:00~)
会 場   都久志会館 6階602 号室 福岡市中央区天神4-8-10 ℡092-741-3335
交通機関  地下鉄「天神駅」徒歩8分 
<駐車場がございませんので、お近くの有料駐車場をご利用いただくか公共交通機関をご利用くださいますようお願い申し上げます>
参加費(資料代)  30,000円 ※参加費は、お申込後一週間以内に下記の銀行口座へお振込みください  
定 員    先着 40名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
主 催・お問い合せ先  :明治安田システム・テクノロジー株式会社  ウェルネスケア・ネットワーク事業部門
          TEL 092-892-3080  担当 松尾 吉村 
[PR]
by sakuracare | 2010-08-06 09:36 | 介護事業 | Comments(0)

国への要望募集

今月、厚労省の振興課課長と意見交換をいたします。

皆様から国への要望などを集約し提言する意向です。

コメントがある方は、10日までにお願いします。
[PR]
by sakuracare | 2010-08-05 08:37 | 介護事業 | Comments(0)