介護企業の社長の一日をブログでご紹介


by sakuracare

<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

厚生労働省老健局振興課

 本日、厚生労働省老健局振興課谷山課長補佐に特定施設の総量規制に関し質問しました。

 1 そもそも、特定施設の総量規制はなぜ行ったか?
 2 近年中に特定施設の総量規制が外れる可能性はあるか?

1の質問に関し、「各都道府県がニーズの把握なしで規制すると思わなかった。」
との返答に愕然としました。

2の質問に関しては、「わからない」とのコメント。当然そう言うしかないのもわかりますが、決して否定する素振りをしなかったし、むしろ笑みがこぼれていたのを見逃しませんでした。

 また、ここからは私の私見ですが虚弱型高齢者専用賃貸住宅は今後規制がかかることが十分予想されます。
[PR]
by sakuracare | 2007-05-29 18:18 | 介護事業 | Comments(0)

家族初サーフィン

そろそろシーガル(半そで3mmのウエットスーツ)で海に入れる時期なので、8歳の息子と4歳の娘を今年初めて(子供は)サーフィンに連れて行きました。

湘南「鵠沼」の小さな波のところで入ったので8歳子供でも親の手をかりることなくサーフィンを楽しむことが出来ました。

4歳の娘の方は私が波のタイミングに合わせて押してあげるというサポートが必要です。

天気も良く、子供たちがサーフィンをするには絶好の1日でした。
[PR]
by sakuracare | 2007-05-20 09:26 | サーフィン | Comments(0)
 同居の家族がいる場合、生活援助の算定ができないことは周知のことと思います。
当訪問介護事業所に他社CMから、同居の家族がいるにもかかわらず、「介護者が掃除をしない」という理由で生活援助を含んだサービス提供依頼がきました。

 自社CMであれば変更依頼も容易ですが、他社CMのため一筋縄ではいきません。

 世田谷区と相談しながら、当訪問介護事業所では受託できない旨先方に連絡したところ。
「おたくは、そんなに杓子定規なんですか」とサービス事業者を変えるいきおいでした。

 「清潔な環境じゃないので掃除してあげたい」という気持ちは先方CMと同意見。
しかし、介護保険を活用しているいじょう、基準の中で動く必要があることも事実です。

 世田谷区役所の介護保険課長に「まじめにやっている事業者が損するような風土だけはつくらないで欲しい」旨、要請してきました。

 うまく、私費を勧奨したり。家政婦を紹介するなどの対応をして欲しいものです・・・・。
[PR]
by sakuracare | 2007-05-16 17:53 | 介護事業 | Comments(0)

「がつ」のさしみ

神泉交差点にある「ぶち」という飲み屋があります。

1階は立ち飲み屋ですが、地下にはかくれ席があり、ゆっくりできるスペースがあります。
何しろ、つまみがおいしく、どれを頼んでも最高です。

特に、「レバー」、「がつ」を生で食することができ、日本酒と一緒に食べれば至福の時間を過ごすことが出来ます。

是非、一度行ってみたください。
[PR]
by sakuracare | 2007-05-01 09:31 | 食事 | Comments(0)

ふかひれ

昨日、恵比寿の「筑紫楼」に『ふかひれ』を食べに行きました。

特におすすめなのが「ふかひれづくし」で、さしみ、姿煮、スープなど満足できるメニューとなっております。

合うお酒としては紹興酒の15年ものがピッタリです。

コースを食べた後、おなかに余裕のある人は北京ダックもいがいにおいしいですよ。
[PR]
by sakuracare | 2007-05-01 09:26 | 食事 | Comments(0)
全日本空手道大会に東海林選手が優勝しました。

東海林選手は私が所属している極真館城南支部恵比寿道場の指導員で私生活においても懇意にしている人です。

今大会は「真剣勝負」と題し、極真の公式大会で初めて顔面への攻撃ありということで格闘技会でも注目を集めておりました。試合内容は予想通り壮絶なもので、ほとんどの試合がノックアウトで決まり、血をみない試合はほとんどありませんでした。

その中で優勝をきめた東海林選手に敬意を表します。戦勝パーティーはハデに企画したいと思います。

私の空手人生において「ほんとうに強い選手」と修行ができ幸せを感じています。
[PR]
by sakuracare | 2007-05-01 09:21 | 空手 | Comments(0)