介護企業の社長の一日をブログでご紹介


by sakuracare

カテゴリ:介護事業( 537 )

高齢者住宅新聞掲載

高齢者住宅新聞1月号に掲載されました。
d0062783_08294755.jpg

[PR]
by sakuracare | 2018-01-15 08:30 | 介護事業 | Comments(0)

介護報酬改定速報発表後、緊急セミナーを開催します。
定員限定がありますので、早めに申込してください。




http://www.sakuracare.co.jp/mell0110.pdf
[PR]
by sakuracare | 2018-01-10 21:58 | 介護事業 | Comments(0)

忘年会

当社忘年会!
100人近い参加者で大盛況です!
d0062783_12214858.jpg

[PR]
by sakuracare | 2017-12-21 12:24 | 介護事業 | Comments(0)

介護福祉士の処遇改善!

勤続年数が長い介護福祉士の処遇を改善するよう10年前から提言し続けてきたが、やっと実現するかもしれません。

富士山型の介護従事者イメージの「すそ野」拡大はわかったが、頂上付近の階層も創造する必要があると厚生労働省に長年言い続けてきました・・・

多少の給与アップは焼け石に水なので、ステータスを付けることにより介護人材を確保するしかないですからね。


[PR]
by sakuracare | 2017-12-06 18:47 | 介護事業 | Comments(0)

介護福祉士の処遇改善!

勤続年数が長い介護福祉士の処遇を改善するよう10年前から提言し続けてきたが、やっと実現するかもしれません。

富士山型の介護従事者イメージの「すそ野」拡大はわかったが、頂上付近の階層も創造する必要があると厚生労働省に長年言い続けてきました・・・

多少の給与アップは焼け石に水なので、ステータスを付けることにより介護人材を確保するしかないですからね。


[PR]
by sakuracare | 2017-12-06 18:47 | 介護事業 | Comments(0)
昨日は、和歌山県訪問介護協議会主催の講演を行いました。
講演後も協議会幹部の皆様と、様々な話をさせていただき
大変充実した時間を過ごすことができました。

[PR]
by sakuracare | 2017-12-03 10:23 | 介護事業 | Comments(0)
世田谷区高齢福祉部長と面談し、下記の確認をとりました。
「東京都の見解を受け、サービス提供記録の電磁化は可能である。サービス提供記録の確認が行えるようにする必要がある」
よって、訪問介護記録書の押印及び控えの廃止(ペーパレス化)が可能となりました。
[PR]
by sakuracare | 2017-11-25 10:16 | 介護事業 | Comments(0)

ベルリン視察

フランクフルトからベルリンに視察場所を移動。
介護度の認定調査に認知症項目を加えるなど、実情に合った改正を行ってます。
介護サービスのクオリティー管理を公的な資格である品質管理者が行うなど、日本が学ぶべきことがたくさんあります。

日本も資格要件などを抜本的に見直す必要があるかもしれません。たとえば、訪問介護の生活援助に関する人員要件も12時間研修と介護福祉士との8時間同行訪問くらいに設定したほうが介護人材不足に対応しやすいと思います。...
理論的なベストより現実的なベターですね。


[PR]
by sakuracare | 2017-11-10 02:26 | 介護事業 | Comments(0)

ドイツ視察

山崎麻耶元衆議院議員、網谷高齢者住宅新聞社長とドイツの介護施設を視察してます。
ドイツは今年の1月に公的介護保険制度を改正し、要介護認定対象者を経度まで拡大したほか、保険料を0.2%引き上げるなど日本の介護保険制度と正反対な動きをしております。
軽度者の介護を充実させることで結果的にコスト削減になると説明を受けました。また、保険給付を上げることで介護離職防止などの効果もあり全体でみれば経済効果が上がるとの主張でした。
因みに介護度も3段階から5段階に増えました・・・
日本、大丈夫か?!



More
[PR]
by sakuracare | 2017-11-08 02:33 | 介護事業 | Comments(0)
●「訪問介護事業セミナー2017秋」DVD販売
おかげさまで、ほとんどの受講者より「満足(アンケート結果)」の評価
をいただきました。
特に介護報酬改定の方向性や、報酬改定に対応した事業戦略などが好評でした。

購入申込者(期間限定)
http://www.sakuracare.co.jp/seminar/seminar_dv2910.html
[PR]
by sakuracare | 2017-10-31 10:40 | 介護事業 | Comments(0)