介護企業の社長の一日をブログでご紹介


by sakuracare

社会保障審議会速報

昨日第85回社会保障審議会介護給付分科会と
本日第40回社会保障審議会介護保険部会を傍聴しました。

給付費分科会速報としては、
サ高住における定期巡回随時対応型訪問介護看護の報酬は
減算との議論がありましたが、同報酬。
その代り、同地域(同じ建物だけでなく)に対するサービスも
義務付けるという考えと明言。

保険部会速報としては、
ケアマネジメントの保護型から自立型への移行促進。
また、2025年の長期推計における
在宅要介護者449万人に対する
定期巡回随時対応型訪問介護看護利用者15万人(3.3%)
は、少ないのではないかという指摘に対し目標値であると回答。

振興課の体温と異なるので、保険部会終了後計画課長に再度質問
すると、「高めに考えている」とのコメント。
その程度の利用規模としか考えていないということです。
d0062783_133318100.jpg


また、今般給付費分科会論点の中で
定期巡回随時対応型訪問介護看護における
「巡回及びオペレーター、深夜定期サービスに関する委託」という
文言が消えていたので、担当官に問い合わせたところ
「今回の議論にはノミネートされなかっただけ」との返答。
岸担当官に質問をしていたら振興課の川又課長に
「最近、荒井さんと岸さんの顔が似てきたね~」と言われたのですが、
そうかなあ?

今日は、これから大阪に行き、大阪大学院堤修三教授(元社会保険庁長官、
元厚生労働省老健局長)と面談。
[PR]
by sakuracare | 2011-11-15 13:34 | 介護事業 | Comments(0)